Terrance Watanabe氏に学ぶポーカーの教訓とオンラインカジノ

ポーカーはカジノゲームの一つで世界中のカジノだけでなくオンラインカジノでも広くプレイされている人気ゲームです。ポーカーはトランプを使ったカジノゲームでお金をかけてプレイされます。当然本物のお金やチップが掛けられるわけですから、勝者がいればその分敗者が存在します。今回はポーカー界でも最も大きく負けた人物の一人であるテランスワタナベ(Terrance Watanabe)氏について紹介し、彼の敗北からオンラインカジノプレイヤーが学べることを考察します。

テランスワタナベ氏は1962年にアメリカで日系アメリカ人です。彼の父親はアメリカに引っ越しOriental Trading Coというおもちゃの会社を設立しました。このビジネスを引き継いだテランス氏は1982年以降ビジネスを管理し、次第に会社は急速に発展し始めました。1990年代末には年収が3億ドルを超える億万長者となりました。

余暇を楽しむために会社を売却し、更なるお金を手にしました。これ以降彼の人生は2000年にテレンスは会社を売却しました。彼は羽振りがよく、多くのカジノから優遇されていました。やがて彼はギャンブル中毒のような状態になり、アルコールを飲みながら痛みうちを受けてもなおカジノをプレイするという堕落した状態になってしまいました。

2007年に彼は1億1200万ドル以上を失い、一年間で借金を負ってしまいました。このことからオンラインカジノプレイヤーが学べる最大のレッスンは度を越えたプレイは自らの経済だけでなく精神状態をも破壊してしまうということです。オンラインカジノゲームでもギャンブル中毒は起こりえるだけでなく、彼のように持っている以上の金額をプレイして借金を負わないようにすることも個人の責任です。

彼のギャンブルに対する意見やなぜ始めたのかは不透明ですが、もう一つのレッスンは彼のように大金を得た場合に、そのお金を増やすためにカジノゲームをプレイするのは現実的ではないということです。オンラインカジノゲームのRTPを見ればわかる通り、プレイヤーがプレイすればするほどカジノハウスがより安定した確率で収入を増やせる仕組みとなっています。オンラインカジノゲームをプレイする際はテランス氏のような事態を起こさぬよう節度を持ってプレイしましょう。